じゃがいも畑作り

本日から、いよいよじゃがいもづくり体験が開催されました。前年より多くの方にご参加いただいております。

体験の様子を報告する前に、畑作りの様子を少しだけ紹介します。


KIMG6423.JPG

肥料を施し、耕した畑に、まずは区画割りをします。
次に、区画の端と端に目印の棒を立て、それを結ぶように足跡などで跡をつけます。
その跡を 目印にして、今度は耕運機で畝を立てていきます。

ちなみに畝とは、種を蒔くための段差のことで、谷の部分に蒔き、山の部分を崩して土をかけます。


KIMG6425.JPG

赤い耕運機は性能もよく、少し押すだけで深い畝を形成しながら半自動的に進んでいってくれます。これなら作業効率も高いです。


KIMG6426.JPG

それに対して私が使用した耕運機は、赤い奴より性能が劣っているためか、 運転にすごく力が必要です。これなら、舗装路で車を押す方が全然楽です。
途中で止めることなく、真っ直ぐ進ませるのにコツがあるようです。エンジンの回転数が、高すぎても低すぎてもダメなようで、ちょうどいいところを見つけないと 前に進んでくれません。
マニアックですが、オフロードやヒルクライムレースを知っている方なら感覚がお分かりいただけるでしょうか。

と言うわけで、試行錯誤しながらなんとか頑張って畝立て完了することができました。次の日は胸から脇にかけて筋肉痛になりましたが、無事参加者さんを迎え入れる準備ができて良かったです。
(耕運機の性能でじゃがいもの出来不出来は関係ありませんのでご安心くださいね)

直販部 永澤

line

アグリタウンの最新情報はJA佐野公式LINE@からもお届けしています!

友だち追加数

▲アグリタウン喫茶コーナーで使える▲
クーポンプレゼント中♪

※いちご狩り他味覚狩り等のご予約は
お電話でのみ受付しております。
TEL0283-20-5215
その他のお問合わせは以下お問合わせフォームまで

お問い合せ